2015・11
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2015/11/30 (Mon) 11/28 南相馬市原町区 南相馬市小高区復興ボランティア

こんにちは。福島大学行政政策学類1年、石井茉美です。

今回は、11月28日に南相馬市原町区で、南相馬市ボランティア活動センターの協力のもと、復興ボランティアに参加してきました。活動内容としては、地震により本棚から落下してしまった大量の本の整理でした。来年4月に予定されている避難解除のための準備です。具体的には、本を一度本棚から移動し、五十音順に並べ直し再び本棚に戻すという作業でした。

今回は福島大学とともに多摩大学の学生さんが一緒に活動して下さいました。20名近くの力を合わせ、協力して活動することができました。

作業は一見単純そうに思われますが、数えきれない程の本が立ちはだかり、先の見えない作業が続きました。五十音順に並べるのに頭を使い、本を運ぶのに体力を消耗したりと想像以上に辛いものでした。また、依頼した方の指示が全体に正確に伝わらなかったり、本の置き方・並べ方を注意されたりと、簡単には進まない作業でした。やり直しをすることもありました。更に、同じ本が何十冊何百冊とあり、整理が終わってからまだ残っていることに気づくこともありました。しかし、何度も同じ作業をしているとコツを掴み、始めよりもスムーズに進むようになりました。休憩時間に作業する人も多くいて、熱心に取り組む姿が印象に残っています。

本の整理のように、元の状態に戻すのにはかなりの時間、労力、そして人手が必要であり、ボランティアは継続して行われるべきものだなと改めて感じました。南相馬市ボランティア活動センターの方が仰っていた、「できる人が、できる時に、できることをする」ということを今回の活動を通して実感しました。決して無理をすることなく、でも自分ができることは率先して行う、これは難しいことではないし、誰にでも実行できることだと思います。ボランティア人口が減っている中でも、このボランティアセンターが盛んに活動していけるよう、これからも自分のできる範囲で参加していきたいです。

スポンサーサイト

活動報告 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

福大ボラセン

Author:福大ボラセン
福島大学災害ボランティアセンターです。

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR