FC2ブログ
2012・02
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/ >>
2012/02/20 (Mon) 2月18日(土)足湯ボランティア@旧松川小跡地

こんにちは。
今回初めて書かせていただきます、
福島大学行政政策学類2年の
岩間 瞳です。

2月18日(土)に
旧松川小学校跡地仮設住宅に
足湯ボランティアに行ってきました。

福大から7名、桜の聖母から2名、
think the earthから3名の
計12名で参加しました。

午前中には5、6人の方が
足湯に来てくださいました。

私も1人担当させていただきました。

やはり初めてだったので
うまくできるか不安だらけのなか
最初は会話もぎこちなく
手をもみほぐすときも
これであっているのかと
とにかく不安でした。

しかしこの担当させていただいた方が
何回も何回も「気持ちいいねえ」
「あったまるねえ」「ありがとう」と
言っていただいたので
私の不安はもうどこかに
吹き飛んでいってしまいました。

それからは
たくさんいろいろなお話をして
和やかな雰囲気で
終えることができました。

足湯をされた方が
私たちと楽しそうにお話をして
笑顔で帰っていかれる姿を見て
とても嬉しかったです。

この仮設は子供が多かったようなので
午後からは子どもたちと
おえかきや折り紙、
外に出てドッジボールや鬼ごっこなど
めいっぱい遊びました。

普段運動不足の私が鬼ごっこで
現役の子供たちを追いかけ回して
つらい筋肉痛になったのは
言うまでもないですが(笑)
子供たちの楽しそうな顔が見れて
本当に嬉しくて楽しかったです。

大学に戻ってからの反省会では
スタッフみなさんの話を聞いて
考えることが多かったです。

例えば足湯に行きたくても
足が痛くて行けない人など
物理的、精神的に“足湯に行きたくても行けない”人たちを
どのように外に連れ出して
参加していただくかというのは
大きな課題だと思います。

また仮設のなかの人と人との繋がりが
まだ希薄なところもあるようです。
足湯は人と人との繋がりを
作り出す大切な場所であると思うので
これからも足湯などの催しを
継続的に続けていって
仮設住宅に住む方たち全員、
そして私たち学生と仮設のみなさんの
絆が深まっていけばいいなあと思います。

私の初めての足湯ボランティアは
とても充実したものになりました。
これからももっともっと工夫して
もっともっとみなさんに喜んでいただける
足湯になっていけばいいなあと思います。
私もぜひこれから
たくさん参加したいと思います。

拙い文章ですが
ここまで読んでいただいて
ありがとうございました!

スポンサーサイト

活動報告 | trackback(0) | comment(1) |


| TOP |

プロフィール

福大ボラセン

Author:福大ボラセン
福島大学災害ボランティアセンターです。

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR