2018・02
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/ >>
2018/02/15 (Thu) 2018年 2月15日 笹谷団地 お茶

こんにちは。福島大学行政政策学類 2年 、坂本奨です。

今日は笹谷団地にてみんぷくさんが主催するお茶会に参加してきました。日清製粉グループさんから提供された粘土を使ってクレイアートをしようということで、住民の方々と一緒に粘土でマカロンを作りました。

クレイアートをするということで前回よりも多くの方が参加してくれました。作品作りを通して自然と会話も生まれ、住民の方々も楽しそうでした。

住民の方々から話しかけてくれて、一緒にクレイアートをしながら楽しくお話しすることができました。ただのお茶会ではなくて、今日のように何かを作りながらお話しするというのも良いなと思いました。ぜひ、また機会があったら行きたいです。

スポンサーサイト

活動報告 | trackback(0) | comment(0) |


2018/01/29 (Mon) 1月28日 旧松川小仮設住宅 福T

人間発達文化学類4年、矢澤明佳です。

今回は、住民のみなさんとお茶を飲みながら、楽しくおしゃべりをしました。
旧松は私が1年の5月に初めて災ボラの活動に参加した場所だったので、約3年半ぶりでした。感じたのは、住民の人が減って少し寂しい雰囲気はあったけど住民の人との関わりは3年半前とは全然変わってないということ。3年半前もこうして、住民の人と親戚みたいにのんびりと楽しく話したのを思い出しました。色々なことが変化してきたけど災ボラと住民の人の関係は変わらないんだなと思ったし、この関係を作り上げてきた災ボラの先輩方がいて、それを受け止めてくれる住民の人がいるからこそ、今の関係があるんだなとしみじみ思いました。

最後に住民の人の移住などの問題を聞いて、私たちにできることできないこともあってまだまだ課題は多いのだと知りました。でも、災ボラが日々行っている活動はどんなに住民の方の人数が少なくなっても、かけがえのない大切な活動で、これからも続けて行くべき活動だなと思いました。

今日は自分自身もすごく楽しくてあっという間で元気をたくさんもらいました!!
卒業までもう少しで、今考えたらもっともっと参加しておけばよかったと後悔も出てきました。 残りの時間できるかぎり活動も参加したいと思いました。

活動報告 | trackback(0) | comment(0) |


2018/01/16 (Tue) 1月16日(火) 富岡さくらサロン 味の素お料理教室

こんにちは!
福島大学人間発達文化学類2年の高坂夏美です。

今日は富岡さくらサロンでの味の素お料理教室に参加してきました。
今日のテーマは「バランスの良い食事を見直そう」でした。メニューは春菊の香り混ぜご飯、タラの具沢山汁、厚揚げともやしのネギだれ和えでした。

月に1度富岡さくらサロンで味の素お料理教室が行われており、皆さんの手際の良さで料理が早めに完成しました。そのあとは料理を頂きながら談笑したりと賑やかな雰囲気でした。

私は何度か富岡さくらサロンにお邪魔しているのですが、いつも皆さんが温かく迎えて下さるので、むしろ皆さんに助けられているなあとひしひしと感じます。私事ですが、先日成人式を迎えまして、前撮りの写真をみなさんにお見せしたところ、皆さんからお祝いの言葉を頂き、本当に嬉しかったです。

富岡さくらサロンとは借り上げ住宅などに住んでいらっしゃる富岡の方が集まることのできる場所です。ある方が「ここがなくなったら困るなあ」という言葉が印象的でした。被災者の方を取り巻く環境は変化し続けていますが、寄り添い続けるという信念を変えずに、この活動に参加していきたいです。

活動報告 | trackback(0) | comment(0) |


2018/01/12 (Fri) 12月23日~12月27日 南相馬フリースペース

こんばんは。
福島大学経済経営学類3年の佐々木翔太郎です。

昨年の活動報告となりますが、12月23日(土)~12月27日(水)に南相馬市小高区でフリースペースと呼ばれる活動に参加してきました。この活動は小高区の子どもたちを対象にした学習支援活動で、期間中には大学生・社会人の方が企画したイベントも実施しました。

イベントは24日・26日はクリスマス会(26日は明治大学の学生を中心に企画)、25日はお料理教室、27日は餅つきと様々なイベントを実施しました!どのイベントも子どもたちが楽しんでくれていたようでとても嬉しかったです!また、子どもたちは自分が知っている大学生・社会人の方が来ると、自然と笑顔がこぼれ、私達と交流することをとても楽しみにしてくれていました。

自分自身は活動に参加するのは4回目になります。最初の活動に行ったときからフリースペースが様々な思いをつなげてきた場であることを聞き、継続して活動を行うことの重要さを感じていました。また自分自身この活動に参加してくれる大学生・社会人の方とお会いできることを楽しみにしていて、それが活動に参加する一つの原動力にもなっています。5日間の中で子どもたちだけでなく様々な人と関われることがフリースペースの1つの醍醐味だと自分は感じています。

今年度の活動は昨年度の鹿島区での活動から小高区に戻っての活動を実施しました。自分自身戸惑いもありましたがそれでも楽しく充実した活動ができたように思います。それは支えて下さる大学生・社会人の方のご協力はもちろん、何よりも子どもたちから自然と笑顔が見えることが大きいと思います。そして4月から中学生になる男の子が「中学生になっても絶対フリースペースに来るから!」と言ってくれたことが本当にうれしかったです。

次は今年の夏に開催される予定ですが、自分は南相馬で子どもたちに会えることがとても楽しみです!「また会おう!」と言ってくれる子どもたちに自分ができることを教えていけたらなと思っています。

長文になりましたが、お読みいただきありがとうございました。

活動報告 | trackback(0) | comment(0) |


2017/12/21 (Thu) 12月17日 旧松川小仮設 望年会

こんにちは!福島大学現代教養コースの阿部弘輝です。

17日は旧松川小仮設住宅での望年会に参加しました!当日は雪が舞っていて非常に寒かったですが、ひと足早い餅つきを外で行いました。学生と住民の方、当日お手伝いに来ていた東京電力の職員の方々と協力して餅つきをしました。
餅はあんこと『学生DASH村』で作ったえごま
を使ったじゅうねん餅、お雑煮にして頂きました。住民の方から『ついたお餅はやっぱり違うね~』と言って頂けたことは、苦労しながらも餅つきを行って良かったなと思いました!!

今年の旧松川小仮設住宅での活動はこの望年会が最後となりますが、来年も変わらず住民の皆さんとお付き合いをしていきたいと改めて思いました。

活動報告 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

福大ボラセン

Author:福大ボラセン
福島大学災害ボランティアセンターです。

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR