2018・04
<< 1/2/3/4/5/6/7/8/9/10/11/12/13/14/15/16/17/18/19/20/21/22/23/24/25/26/27/28/29/30/ >>
2018/04/22 (Sun) 2018/04/22(Sun)4月22日 旧松川小跡仮設住宅 福茶サロン

こんばんは!そして初めまして!福島大学経済経営学類1年の桒原祐樹(くわばらゆうき)です。 

今日は午後に旧松川小跡仮設住宅で福茶サロンを行いました。主にたこ焼きを作り、住民の皆さんと会話をしながら楽しみました。

本日の活動では、住民の方は二名参加してくださいました。お二人ともとても楽しんでいただけたようで、非常に明るい雰囲気で活動することができました。また、今回の活動では新入生が多く参加したこともあり、、2年生、3年生そして住民の方々とそれぞれの故郷について、名産品であったり、また「そこの近く行ったことある!」などと会話をして楽しみました。

本日の活動を通して、住民の方々は我々新入生に対してもフレンドリーに接してくださって、例えば故郷のお米や牛タン、カニなどを持ち寄って物産展を開こう!など、新しく災ボラに参加する私たちとも親睦を深めようとしてくださり、とても嬉しく思いました。

私は昨日の高野農園さんでのお手伝いに引き続き、二日連続で災ボラの活動に参加させていただいたのですが、住民の方々、そして先生、先輩方のサポートもあり、とても有意義な二日間を過ごすことができました。高野農園さんでの活動では、どちらかというとたくさん働いて、美味しい昼食を頂き、住民の方との親睦を深める感じだったのに対し、本日の活動は座りながらたこ焼きを食べながら住民の皆さんと接するという感じで、この二日間で住民の皆さんと接する方法はいくらでもあるということを学ばせていただきました。私自身、これからも積極的に色々な活動に参加し、色々なことを学び、活動に貢献したいと思います。

スポンサーサイト

活動報告 | trackback(0) | comment(1) |


2018/02/26 (Mon) 2月25日 旧松川小学校仮設住宅 福茶サロン

こんにちは。福島大学4年の久保野谷雅人(くぼのやまさと)です。

今日は旧松川小学校仮設住宅にて福茶サロンを行いました。たこ焼き器を使って鈴カステラを作りました。最初はチョコレートを入れていましたが、住民の方がイカやソーセージなどを準備してくださり、それを入れてみました。

いつも来てくださる方が来てくださり、一緒に焼いたり、デコレーションをしたりしました。食べながらお話をして和やかな雰囲気でした。

以前来た時にしたぬり絵が飾られていたので嬉しかったです。また『いつでも遊びにおいで!』と言ってくださり、とても嬉しかったです。

旧松川小学校仮設住宅には以前から来ていて、いつも温かく迎え入れてくださり、いつも行くのが楽しみになっています。私はもうすぐ卒業で次回が最後になってしまうのですが、『(卒業してからも)暇な時はいつでもおいで!』と言ってくださってくれて嬉しく思います。来月も卒業してからも活動に参加し続けたいと思います。

活動報告 | trackback(0) | comment(0) |


2018/02/15 (Thu) 2018年 2月15日 笹谷団地 お茶

こんにちは。福島大学行政政策学類 2年 、坂本奨です。

今日は笹谷団地にてみんぷくさんが主催するお茶会に参加してきました。日清製粉グループさんから提供された粘土を使ってクレイアートをしようということで、住民の方々と一緒に粘土でマカロンを作りました。

クレイアートをするということで前回よりも多くの方が参加してくれました。作品作りを通して自然と会話も生まれ、住民の方々も楽しそうでした。

住民の方々から話しかけてくれて、一緒にクレイアートをしながら楽しくお話しすることができました。ただのお茶会ではなくて、今日のように何かを作りながらお話しするというのも良いなと思いました。ぜひ、また機会があったら行きたいです。

活動報告 | trackback(0) | comment(0) |


2018/02/07 (Wed) 2月7日 富岡さくらサロン 味の素お料理教室

活動報告 | trackback(0) | comment(0) |


2018/01/29 (Mon) 1月28日 旧松川小仮設住宅 福T

人間発達文化学類4年、矢澤明佳です。

今回は、住民のみなさんとお茶を飲みながら、楽しくおしゃべりをしました。
旧松は私が1年の5月に初めて災ボラの活動に参加した場所だったので、約3年半ぶりでした。感じたのは、住民の人が減って少し寂しい雰囲気はあったけど住民の人との関わりは3年半前とは全然変わってないということ。3年半前もこうして、住民の人と親戚みたいにのんびりと楽しく話したのを思い出しました。色々なことが変化してきたけど災ボラと住民の人の関係は変わらないんだなと思ったし、この関係を作り上げてきた災ボラの先輩方がいて、それを受け止めてくれる住民の人がいるからこそ、今の関係があるんだなとしみじみ思いました。

最後に住民の人の移住などの問題を聞いて、私たちにできることできないこともあってまだまだ課題は多いのだと知りました。でも、災ボラが日々行っている活動はどんなに住民の方の人数が少なくなっても、かけがえのない大切な活動で、これからも続けて行くべき活動だなと思いました。

今日は自分自身もすごく楽しくてあっという間で元気をたくさんもらいました!!
卒業までもう少しで、今考えたらもっともっと参加しておけばよかったと後悔も出てきました。 残りの時間できるかぎり活動も参加したいと思いました。

活動報告 | trackback(0) | comment(0) |


| TOP | next >>

プロフィール

福大ボラセン

Author:福大ボラセン
福島大学災害ボランティアセンターです。

月別アーカイブ

最新記事

最新コメント

カテゴリ

リンク

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR